オフィシャルブログ

意外と深い!? 腹筋とお通じの関係性…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は腹筋とお通じの関係について少しお話させて頂きます。

 

腹筋は腸の動きを助けて、お通じには必要不可欠な筋肉といわれています。

 

腸は自律神経の支配を受けているので、自分の意思で動かすことはできません。

 

なので、自分の意思で動かせる筋肉といえば、腹筋になります。

 

腹筋を上手に使うことで、腸内の血流およびリンパの流れが改善されます。

 

腸内に新鮮な血液が巡ることで、お通じの改善効果が期待できるようになるからです。

 

腹筋の中でも、強化したいのが腹筋下部・腸腰筋・腹筋の深層部になります。

 

実は、これらの筋肉は、姿勢維持に必要な筋群でもあります。

 

姿勢の良さを維持している方は、無意識にこれらの筋群を使用しているため、普段から筋トレをしている状態といっていいでしょう。

 

腹筋はお通じだけではなく、見た目の美しさにも関わる部位であることが分かります。

 

姿勢を意識する、あるいは継続して行えるレベルで体幹トレーニングを行う、などは効果が期待できると思います。

 

食生活だけではなく、運動習慣を意識づけることも、カラダの健康には非常に大切なのではないでしょうか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

乳酸菌