オフィシャルブログ|まつ鍼灸接骨院 千林大宮駅 整骨院 交通事故 土日施術

オフィシャルブログ

下腹に脂肪がついてしまう…その理由とは?

当院のブログをお読み下さりありがとうございます。

 

本日は下腹に脂肪が溜まりやすい理由について少しお話させて頂きます。

 

●頚・肩に力が入る

頚や肩に力が入ると下腹の力は抜けやすくなってしまいます。

なので、お腹で体重を支えにくくなり、骨盤の歪み・不良姿勢を引き起こし、内臓を正常な位置に維持できなくなります。

習慣化すれば、下腹が出やすくなってしまいます。

 

●座りっぱなし

座位では下腹の筋肉はほとんど作用しません。

脂肪は筋肉が動かない場所に溜まりやすい、という性質があります。

なので、下腹は脂肪にとっては居心地の良い部位である、ということができます。

 

●冷え・むくみ

座っている時間が長いと、鼠径部などが圧迫されて血流やリンパ流が滞りやすくなります。

また、薄着やタイトな下着などで締めつければ、血行不良を引き起こすので、むくみの原因になります。

なので、余分な水分が溜まるだけでなく、カラダが保温しようとして脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

●便秘

姿勢が悪く、下腹に力が入らなければ、腸の位置もズレやすくなります。

それに伴って、腸の蠕動運動も低下するので、周辺の血流が悪くなって脂肪がつきやすくなります。

 

●ストレス

過度なストレスは、自律神経を乱して脂肪燃焼を妨げます。

また、過食の原因にもつながりやすく、カロリーオーバーを引き起こします。

呼吸も浅くなるので、下腹や内臓の働きも低下します。

 

これらの原因に共通するのは、下腹の構成要素である筋肉・内臓・血流などの働きが低下する、ということです。

 

ぽっこり腹は容姿だけでなく、下腹部の働きが低下したサインでもあるのです。

 

厳しい寒さが募る時期ですが、運動習慣を身につけておくというのは非常に大切です。

疲労回復に効果的な代謝を促す栄養素とは…!?

当院のブログをお読み下さりありがとうございます。

 

本日は疲労時に代謝を促進させる栄養素について少しお話させて頂きます。

 

体内に疲労物質が蓄積させる原因には主に3つが挙げられるでしょう。

①食事からのエネルギー不足

②長時間の労働あるいは運動による肉体的負担

③脳の調整力の低下

これらによって、代謝が悪くなっていきます。

 

放置して慢性的になってくると、カラダの抵抗力・免疫力の低下や生活習慣病を引き起こす原因になるでしょう。

 

疲労時に栄養摂取する成分としては…

●カルシウム(精神的疲労を抑える)牛乳

●カルニチン(脂質代謝を促しエネルギー変換させる)ラム肉・イワシ

●ビタミンB1(糖質を代謝してエネルギー変換させる)豚肉・鰻

 

疲労時にはエネルギー摂取することは大切です。

 

しかし、それを代謝させるビタミンやミネラルを摂取しないと、糖質や脂質はエネルギー変換されません。

 

食事における疲労回復のポイントは、糖質などのエネルギー源とそれを代謝させるビタミンやミネラルです。

 

運動前のコンディショニング作りにも、疲労を残さない食事を意識することは非常に大切なものである、といえるでしょう。

 

 

握ったものを離さない…それが受動握力

当院のブログをお読み下さりありがとうございます。

 

本日は受動握力について少しお話させて頂きます。

 

握力は、一般的には能動的にモノを握る動作における力と定義づけることができると思います。

 

しかし、スポーツなどの競技においては、握ったものを離さない力もまた握力と考えられています。

 

これを受動握力といいます。

 

受動握力は、握ったものに対して「外力」など受動的な力が加わることにより、モノを離すまいと抵抗する力である、といえるでしょう。

 

受動握力を鍛える場合、リストカールなど前腕筋群を鍛えるエクササイズよりも、何かにつかまってその状態を保持することを選択します。

 

綱引き・綱のぼり・懸垂・鉄棒などにぶらさがる・バトルロープ…などが挙げられるでしょう。(競技などであればボルダリング)

 

受動握力と併せて意識しなければならないのが、指先の関節可動域です。

 

力をスムーズに伝達させるために、指の関節1つ1つを他方の手を使って、曲げ伸ばしなど行ってみましょう。

 

「浮き輪肉」の原因について考えてみましょう!

当院のブログをお読み下さりありがとうございます。

 

本日はお腹周りの「浮き輪」について少しお話させて頂きます。

 

●加齢

加齢と共に基礎代謝が落ちてしまうため、年齢を重ねるごとに落ちづらくなります。

●座りすぎ

長時間座っていると、腸腰筋の伸縮性が低下して、ポッコリお腹になる可能性が高くなります。

また、鼠頚部の血行及びリンパ行の流れを低下させ、老廃物の蓄積を促すことも原因の1つです。

●股関節の歪み

腰周りに余分な脂肪がつきやすくなるのは、関節の柔軟性と関係性があります。

なので、股関節の柔軟性は関係性が深い、と考えられるでしょう。

●腰周りの冷え感

意外と冷え安さを感じやすいのが腰周囲です。

特に腰椎周囲は筋肉が少ないため、脂肪が燃焼しづらく、ついてしまうと取れにくいとされています。

なので、日常的に温めるようにすることが大切です。

 

運動不足だけではなく、浮き輪肉がつきやすい要因は上記のようなことも考えられます。

 

軽い運動でも、継続的に行っていれば効果は期待できるので、気になるようなら「出来る範囲」から始めてみませんか?

足首がゆるい・固いと…どうなるの!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は足関節の動揺性と制限について少しお話させて頂きます。

 

足関節は複雑な骨の構造・靭帯・筋群により構成されています。

 

いわゆる「捻挫ぐせ」がついてしまうと、適切な関節可動域を超えてゆるくなる場合があります。

 

靭帯そのものを強化するのは難しいですが、足関節の周囲筋を鍛えることで改善効果は期待できます。

 

チューブなど器具を使用する、段差などを利用して爪先立ちをするなどがあります。

 

逆に足関節が固いと、適切な関節可動域に至らないため、ケガの原因になりやすいでしょう。

 

膝を抱えた状態で、しゃがみ込む動作が難しいなどは、背屈制限が考えられます。

 

これは、足関節前部のつまり感踵~腓腹筋への筋群が柔軟性に乏しい、といったことが原因です。

 

ストレッチボードなどの器具や、足関節を把持して回してみるなど、入浴後など血行状況が確保されている時間帯をうまく活用してみましょう。

 

足関節に柔軟性がないと、膝関節や股関節にまで影響を与えかねません。

 

大きなケガにつながる前に、セルフコンディショニングの意識は持つようにしておきましょう。

クエン酸とBCAAがもたらす効果とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はクエン酸とBCAAについて少しお話させて頂きます。

 

●クエン酸

柑橘類や梅干などに含まれる有機酸で、運動による疲労時には酸味の欲求が高まります。

また、クエン酸は生体内エネルギー代謝において、中心的な役割を果たすことが研究などにより報告されています。

疲労感の軽減緊張・退屈・イライラなどの緩和作用などにも効果的とされています。

 

●BCAA

バリン・ロイシン・イソロイシンという3種の分岐鎖アミノ酸の総称を指します。

BCAAは筋肉で酸化分解され、運動中に骨格筋のエネルギーとなります。

また、運動時におけるBCAA摂取は、中枢性の疲労物質であるセロトニンの脳への取り込みを抑制します。

なので、疲労や運動強度の軽減に効果的である、とされています。

タンパク質代謝に関しては、摂取により骨格筋のタンパク質合成は促されると同時に、分解が抑制されるといわれています。

さらに、運動による骨格筋からのCPKの上昇を抑制し、筋損傷を軽減させます。

 

トレーニングにおいて、この2つの摂取についてしっかりと把握しておきましょう。

 

特にハードなトレーニングをした場合、トレーニング後のカラダのケアにおいて非常に大切なものであることを理解しておきましょう。

軽い運動でも意外に効果が上がる…!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は軽い運動の健康効果について少しお話させて頂きます。

 

健康や若さを維持するのにハードな運動は必要ない…。

 

よく言われていることですが、肉体改造をする場合においては、運動強度の高いトレーニングは必要であると思います。

 

運動する際に使用される主なエネルギー源は糖と脂肪です。

 

この2つは運動強度に応じて消費される比率が違います。

 

ハードな運動では主に糖が、軽い運動だと主に脂肪が消費されます。

 

なので、脂肪燃焼による肥満体型や生活習慣病の防止という観点から考えると、継続的な軽い運動の方が効果的である、といえるでしょう。

 

一般的にはジョギング程度の運動強度で、糖と脂肪それぞれの消費が50%くらいとされているので、ウオーキングなどの方が脂肪燃焼に効果的であることが分かります。

 

運動は脳を活性化させる効果もあります。

 

記憶力に関係するアセチルコリン集中力を増加させるノルアドレナリンなど、脳の神経伝達物質の分泌が活性化されるためである、とされています。

 

アセチルコリンの減少は、認知症の原因の1つともいわれており、これを予防する効果もあります。

 

運動はハードなものでなければ効果が期待できない、というわけではありません。

 

軽い運動でも日々行う習慣を身につけるだけで、カラダの変化は必ず感じ取れるようになるはずです。

 

出来る範囲の運動でも、積み重ねれば必ず効果は実感できます。

 

「まずはやってみよう」…その気持ちは非常に大切なもであると思っています。

スキマ時間を活用する「ながら運動」の効果とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は「ながら運動」の効果について少しお話させて頂きます。

 

ながら運動とは、「日常生活において場所や時間を問わずにできる運動」のことをいいます。

 

毎日消費されるエネルギー量としては、基礎代謝(約60~70%)・生活活動代謝(約20~30%)・食事による熱産生(約10%)、とされています。

 

基礎代謝は生命活動維持に必要なエネルギー消費、生活活動代謝はカラダを動かすことによるエネルギー消費、食事による熱産生は食事の際に発生する熱を指します。

 

なので、1日の約30%は運動によるエネルギー消費、ということになります。

 

ここを増やすことでカロリー消費を効率よく行うことができます。

 

ながら運動のメリットは、生活活動代謝に少しの工夫を加えることで基礎代謝を上げることにあります。

 

日常生活においても、片付けながら・電話をしながら・入浴しながら…など活用できる時間帯は多岐に渡ります。

 

たとえ少しの時間でも、継続していくことで効果は実感できるはずです。

 

逆に言えば、少しの時間だからこそ継続できる、という考え方もできます。

 

ほんの少しの時間でも運動習慣を身につけることは、カラダを変える何かのキッカケになるのではないでしょうか?

全身を効率よく使って歩くには…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は体幹を使った歩き方について少しお話させて頂きます。

 

歩く時に親指に重心がかかっていないと、つま先で地面を蹴って前進することができず、だらしない歩き方になってしまいます。

 

拇趾に重心を置くには、少し外に開いた8の字で足踏みしてみましょう。

 

つま先で地面を蹴って歩くと、カラダは以下のような動きになります。

 

足首が動いて膝が上がる→骨盤が連動する→肩甲骨も連動して動くようになる、といった感じです。

 

この動きが自覚できれば、全身の骨格筋が有効に作用して血行が改善され、代謝アップにつながっていきます。

 

このような歩き方ができるようになれば、カラダの軸(=体幹)を使った歩き方になります。

 

膝を屈伸させずに歩いたり、下を向いた姿勢で歩いたり、肩甲骨を動かさないで歩いたりするなどは、体幹を使っていない歩き方になります。

 

姿勢改善への近道は、自分のカラダの使われている部分を意識して動かすこと…非常に大切なのではないでしょうか?

 

 

股割りと開脚ストレッチは似て非なるモノ!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は股割りと開脚ストレッチの違いについて少しお話させて頂きます。

 

股割りと開脚ストレッチの違いは、前者が股関節の可動域を上げて動く範囲を広くするのに対し、後者は筋肉を伸ばして動ける範囲を広くする、ということです。

 

関節可動域を大きくすることと、筋肉を伸ばすだけでは動きの質が大きく異なってきます。

 

可動域を大きくするということは、筋肉がアンバランスにならず、柔軟性を備えた動きができるということです。

 

カラダにバネができて、力の伝達がより円滑に行うことができます。

 

筋肉ではなく股関節の可動域を変える骨盤を立てる意識を持つ、無理をせずに継続的に行う。

 

この3点が大切です。

 

個人差があるので、効果が出るようになるのはそれぞれになりますが、諦めずに根気強く行うことが非常に重要です。

 

腰痛予防や冷え性対策には効果的ですので、寒い時期には効果的なエクササイズかもしれませんね。