オフィシャルブログ

運動時に水分補給しても…脱水症状が発生する!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は運動時における水分補給について少しお話させて頂きます。

 

運動時に水だけ摂取すると、かえってコンディションが悪くなる場合があります。

 

というのも、汗には水分だけではなく、塩分などミネラル分も含まれているからです。

 

なので、血液を始めとする体液の濃度は低下します。

 

体液の濃度が低下すれば、脳は水分過多と判断して、カラダから余分な水分を発汗・排尿させて水分を排出させてしまいます。

 

このように、カラダからは水分が排出されるのに、咽喉の渇きを覚えずに脱水が進行する状態を自発的脱水といいます。

 

自発的脱水を予防するには、水分と一緒にミネラル分を補給することが必要です。

 

以上のことから、運動時における適切な水分補給は、1口~200mlを目安に摂取することや、同時に塩分などミネラル分を補うなどが効果的です。

 

また、運動前後で体重計測を行い、減少した体重分の水分補給を目安にするのも1つの方法です。

 

季節もこれから暑くなるので、脱水症熱中症などが心配されるシーズンです。

 

水分補給には充分注意しておきましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

タイミング水分補給の