オフィシャルブログ

寒い日のトレーニング…注意しておきたいのは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は寒い日のトレーニングにおける注意点について少しお話させて頂きます。

 

汗をかきにくい寒い時期の運動…しかし、脱水症状は考えられる場合があるのです。

 

●空気の乾燥

空気が乾燥すると、知らないうちにカラダから水分が失われます。

目・口腔粘膜・皮膚・呼気などから、無意識に失われる水分が増加しがちです。

 

●意識低下

寒い時期には、汗をかいてもすぐに蒸発するので、自覚しにくい場合が考えられます。

また、水分補給時にも、大量の水分を一気に摂取すればカラダを冷やしてしまい、せっかく上げた代謝も低下します。

なので、常温で少しずつ摂取するように心がけておきましょう。

 

●寒さによるケガ

カラダが冷えていると、筋肉も冷えています。

運動開始時や、バランスを崩した際に衝撃を緩衝させることがうまくいかず、筋肉や関節にダメージを与えてしまいやすくなります。

準備運動と整理運動を念入りに行うことが大切になってきます。

 

●防寒対策

頚・手首・足首を温めてやると、体感温度は約5℃上昇する、といわれています。

衣服などを工夫して、体温調節ができる用意をしておくと便利です。

 

暖かい春が来るまでの間、寒い時期の運動は大変ですが、続けていれば必ず効果は現れるはずです。

 

体温管理に注意して、体調を崩さないようにトレーニングをしましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

sauna suit