オフィシャルブログ

一般的な踵の痛みとその原因…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は踵の痛みについて少しお話させて頂きます。

 

運動におけるハードトレーニング長時間立ち続けることで発生する「使い過ぎ」によって、踵の痛みは発生しやすくなる、といわれています。

 

痛みが出やすくなるのは、踵周囲の骨格が崩れている(オーバープロネーション)状態にあります。

 

これが原因となって、足底部の筋・腱はもとより、それらを覆う膜などに強いストレスが加わると、炎症性の痛みが生じます。

 

足底筋膜炎偏平足などは、その代表例といっても差し支えないでしょう。

 

動作開始時痛、踵付近の違和感、つま先に負荷が加わると痛い、押圧するといたい部位がある、長時間立つと痛い、足関節を屈伸すると痛い…。

 

これらは、踵の痛みを発症する前駆症状の目安です。

 

痛みがあまりにひどい場合には、医療機関などで受診することも考えておきましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

ankle pain