オフィシャルブログ

発汗の効果を理解しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は発汗の効果について少しお話させて頂きます。

 

汗は血液から作られています。

 

血液には様々な栄養素老廃物が流れています。

 

カリウムやナトリウムなど、カラダの浸透圧を正常にするためのミネラルも流れています。

 

しかし、これらのミネラルが全て流れ出てはカラダに異変が起きるので、汗腺では血漿を汲み取ってからミネラルを血管に戻します。

 

これをミネラルの再吸収といい、この機能が正常に働くことによって、水分の多いサラサラした汗をかくようになります。

 

サラサラした汗は肌の表面で蒸発しやすいので、少ない量でもしっかりと体温調節することができます。

 

逆にベタつくような汗のかき方をしている場合、ミネラルも体外に排出されている場合が多く、多くの汗をかくことになります。

 

いってみれば、血液に負担をかけることになるので、体力の消耗疲労へとつながってきます。

 

ベタついた汗をかく大きな原因の1つが運動不足です。

 

汗をかかない生活習慣は、汗腺の機能を低下させます。

 

さらに、皮膚への血流が増えることから、脳への血液供給も一時的に減少させます。

 

神経伝達に必要なミネラルも体外へ排出されているので、手足の痙攣なども起こりやすくなります。

 

では、汗をかくため運動開始…といっても、この時期の運動は時間帯が非常に大切です。

 

早朝あるいは日没後など、気温が比較的涼しい時間帯を選んで行いましょう。

 

ジムなどを活用されるなら、有酸素運動系は取り入れるようにして、気持ちよく汗をかきましょう。

 

汗腺機能が低下すると、ニオイの原因にもなったり、代謝不良を引き起こしかねません。

 

発汗の大切さをしっかり理解して、この夏を過ごしましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

腋臭