オフィシャルブログ

酸化ストレスに抗酸化力をつけるには…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は酸化と抗酸化についてお話させて頂きます。

 

ヒトは酸素を吸収して生きています。

 

しかし、運動をすることで呼吸が活発になって、カラダの酸化が進む(活性酸素)と、毒性が生じてしまいます。

 

酸素分子が電子を失って不安定になる状態を、フリーラジカル(体内で酸素消費によって生成される)といいます。

 

このフリーラジカルが体内を酸化に傾け、ストレスを与えることになってしまいます。

 

それ以外にも、過酸化水素次亜塩素酸などの化学物質も酸化ストレスを引き起こします。

 

体内の酸化は、細胞・筋肉の状態を悪化させ、疲労回復を阻害します。

 

しかし、ヒトのカラダは酸化に対する抵抗力、すなわち抗酸化力を持っています。

 

抗酸化力は、酸化に対して還元する働きがあり、1種の免疫力とでもいうべきものです。

 

抗酸化力を高めるには、食事・睡眠・運動といった生活習慣の見直しにあります。

 

具体的には、継続して行う低強度の運動・充分な睡眠時間・抗酸化力の高い食材の摂取(緑黄色野菜や果物)などが挙げられます。

 

サプリメントでは、コエンザイムQ10・アスタキサンチン・カテキンなどが代表的です。

 

アンチエイジングは生活習慣の見直しにある、といえるのかもしれませんね。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

supliment