オフィシャルブログ

夏期はどうしてバテやすい…!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は夏バテについて少しお話させて頂きます。

 

夏はどうして疲れやすいのか…?

 

確かに暑さは要因の1つですが、夏期の運動時には心拍数が上がりやすい、ということが挙げられます。

 

心拍数が上がると、心臓に負担を加えることになるので、疲れを感じやすくなるのです。

 

さらに、発汗作用に伴って血液量に変動が起こりやすく、筋肉の収縮力も低下します。

 

そうなると、筋肉内に疲労物質が蓄積されやすくなります。

 

心拍数が上がりやすいこの時期に、無理なダイエットや筋トレを行うと、心臓への負担が大きくなって体調不良を引き起こしかねません。

 

なので、夏期の運動は通常より20~30%抑える運動量が適切である、といえるでしょう。

 

日差しが厳しくなってくるこの頃、心臓への負担を考えながら運動は行うようにして下さい。

 

また、ビタミンB・Cを積極的に摂取して、夏バテ回避に努めるようにしましょう。

 

無理をして体調を崩さないようにするのも、夏バテ対策の1つではないでしょうか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

じめじめ