オフィシャルブログ

プランクは意外に高負荷が加わる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読み下さりありがとうございます。

 

本日は体幹トレーニングにおける負荷について少しお話させて頂きます。

 

体幹トレーニングの代表的なものに、プランク(フロントブリッジ)があります。

 

これは主に腹筋群に効果的なトレーニングといわれています。

 

うつ伏せの状態から、肩幅くらいの間隔で肘をついて、膝が曲がらないように身体を一直線にします。

 

目線は斜め下あたりに固定します。

 

腰が上がったり下がったりすると、効果が期待できませんので鏡などで確認しましょう。

 

負荷がかかってくると、腹筋群がふるえてきます。(腹筋と背筋に負荷のかかっている感覚が目安になります)

 

余裕ができてくれば、セット数と時間を増やしていきましょう。

 

腹筋が充分についていない段階でのプランクは、思っている以上に体勢の維持がキツいものです。

 

筋肉レベルがこの時期だと、姿勢が崩れやすくなるというケースが少なくありません。

 

お腹周りが全体的に引き締まると、より強い体幹が形成されて太りにくいカラダになるでしょう。

 

体幹の筋肉が刺激を受けて強化されると、日常生活や運動時にふと気がつく瞬間が訪れるはずです。

 

安定したカラダは、ケガの予防にも通じることになります。

 

大事なのは継続です。

 

特別な道具や技術も必要ない、空き時間を使ってできるトレーニングの1つではないでしょうか?

 

 

大阪市千林大宮(日・祝日受付 労災・交通事故取扱)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

体幹トレーニング