オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: ケア

ストレッチは集中力に効果的!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はストレッチと集中力の関係について少しお話させて頂きます。

 

集中力の低下には、疲労睡眠不足を始め、様々な原因があります。

 

中でも、カラダを動かさないことによって血行不良を引き起こし、新陳代謝が低下して脳や神経の働きが鈍る、というのは大きな原因です。

 

仕事や学業において、集中力の低下は深刻な問題です。

 

注意力が散漫になったり、集中力が途切れたりして効率を妨げ、結果的にミスにつながります。

 

ストレッチによって末梢神経を刺激することは、神経系全体を活性化させると共に、脳の覚醒を促します。

 

起床時のストレッチは、そういう意味では代謝を上げるのに効果的である、といえるでしょう。

 

ストレッチにより筋肉を刺激すると、リンパの流れも活性化します。

 

リンパは心臓のようなポンプで運ばれるのではなく、筋肉の伸張と収縮で流されています。

 

リンパマッサージは、手技によってリンパの流れを促しますが、セルフで行う場合にはストレッチが効果的でしょう。

 

リンパがスムーズに流れると、老廃物の排出が促されて新陳代謝をアップさせるようになります。

 

集中力はいつまでも続くものではありません。

 

根をつめ過ぎると、徐々に作業能率は低下するようになります。

 

適度な休息だけではなく、カラダを動かして心身をリフレッシュさせることも大切です。

 

場所も時間も取らず、簡単にどこでもできるストレッチは、脳や神経を刺激して低下した集中力に効果が期待できると思います。

 

眠たさが出がちなこの季節、ぜひ試してみて下さいね(笑)

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

体操準備

 

 

 

 

 

 

バランス感覚は加齢に伴って衰える…!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はバランス感覚について少しお話させて頂きます。

 

一般的にヒトのバランス感覚は30~40代を境に衰えるといわれています。

 

バランス感覚は、平衡感覚とも呼ばれています。

 

バランス感覚を自己診断する簡便な方法は、閉眼した状態で約30秒ほどその場で足踏みします。

 

最初に立っていた位置から1m以上離れていれば、バランス感覚は衰えています。

 

バランス感覚を支えるのは体幹の部分です。

 

なので、体幹トレーニングはバランスを養うことに関して、非常に効果的なトレーニング法であるといえるでしょう。

 

運動時においても、バランスの維持はパフォーマンスに大きく影響を与えます。

 

加齢が進むと、体型の変化を始め、食生活の乱れストレス睡眠不足など色んな危険性が潜んでいます。

 

1日数分でも空いた時間があれば、その時間を有効に活用してみる、ということは非常に大切です。

 

時間に追われる現代社会だからこそ、癒しの時間を少しでも持つという姿勢は大事なのではないでしょうか?

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

so tired

 

 

 

 

腰痛に関係するのは…実は大腰筋!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は腰痛と大腰筋の関係性について少しお話させて頂きます。

 

大腰筋は小腰筋・腸骨筋と併せて、腸腰筋と呼ばれています。

 

主な働きとしては、骨盤の前傾を維持することにあります。

 

なので、猫背気味にならないように作用する筋肉である、ともいえるでしょう。

 

ヒトのカラダを水平に見た際、大腰筋は背骨側に付着しています。

 

脊柱起立筋腰方形筋の後ろに付着しているので、大腰筋は背部筋の1つであることが分かります。

 

なので、大腰筋が過緊張すると、腰痛を引き起こしやすくなります。

 

また、大腰筋の位置は腎臓の近くにあり、大腰筋と腎臓は筋膜で連結しています。

 

なので、腎臓に負担がかかれば、大腰筋は緊張するようになります。

 

大腰筋のストレッチやトレーニングは、下半身の血行改善に非常に効果的です。

 

骨盤を本来の位置に戻す、あるいは不良姿勢を改善するには注意すべき筋肉の1つである、といえるでしょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

腸腰筋

動的ストレッチで股関節の動きを高めるには?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は股関節の動的ストレッチについて少しお話させて頂きます。

 

股関節は運動の起点になる関節であるといえるでしょう。

 

なので、動的に筋肉を刺激してしっかり刺激することは、パフォーマンスに影響を与えることにつながります。

 

●ランジエクステンション

膝立ちの姿勢になり、前足側が股関節と膝関節を直角後ろ足側をできるだけ遠くにつま先接地します。

この状態で、骨盤に両手を添えながら上下に揺すります。

前足側の骨盤は後ろ回転、後ろ足側の骨盤は前回転を意識しましょう。

 

●ランジラテラルエクステンション

膝立ちの姿勢は、ランジエクステンションと同様ですが、前足側の膝に肘を置いて、外側に開いていきます。

肘で膝を外に開きながら腰を前後に動かしていきます。

 

●フライングスプリット

膝立ちの姿勢から、上方に跳躍して前足と後ろ足をスイッチさせます。

着地の際、後ろ足ができるだけ遠くに接地するように意識しましょう。

最初は10回程度を目安に行います。

慣れてきたら、徐々に素早くスイッチ動作を行うようにします。

 

動的ストレッチは、運動前に行っておくと非常に効果的です。

 

運動の起点となる股関節を意識するだけで、運動時におけるケガの予防にもつながることでしょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

ダイエット女子 キレイ

開脚ストレッチ…達成しづらいのには理由が!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は開脚ストレッチについて少しお話させて頂きます。

 

開脚ストレッチが苦手な人には、いったい何が障害になっているのでしょうか…?

 

それには以下の理由が考えられます。

 

●ハムストリングスの柔軟性

ハムストリングスは大腿部後面にあり、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つの筋で構成されています。

これらの筋に柔軟性がなければ、骨盤を立てる動きが阻害されます。

なので、開脚や前屈が困難になる、といわれています。

 

●骨盤周囲筋の柔軟性

前屈あるいは開脚を行うためには、骨盤が前に倒れなければできません。

ハムストリングスに加えて、骨盤周囲筋の柔軟性も必要になります。

 

●ストレッチ時の痛み

ハムストリングスや骨盤周囲筋の柔軟性が向上しても、開脚ストレッチをした際に痛みが発生すれば注意が必要です。

これは痛みの原因が筋由来と神経由来で異なるからです。

筋肉が伸張される痛みについては、柔軟性の向上に伴って解消されるでしょう。

しかし、痺れ感などを伴う場合は、神経組織が引き伸ばされている可能性があるので、要注意です。

 

ストレッチの目安は、あくまでも痛いけれども気持ち良い程度で行う、ということが大切です。

 

せっかくついたストレッチ習慣を、神経損傷などでかえって逆効果にならないように配慮して行いましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

doskoi

 

 

体幹部に重要な4つの要素とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は体幹部にとって重要な要素について少しお話させて頂きます。

 

①柔軟性

柔軟性はカラダの基本です。

ストレッチを継続して行うことで、関節の可動域が拡がり、スムーズな動きが行えるようになります。

また、血液の循環が促されることで、各部位の筋肉にパワー伝達しやすくなるので、トレーニング効果が高まると同時にケガの予防にもつながります。

 

②安定性

インナーマッスルが強化されることにより、脊柱~骨盤が安定するので、真っ直ぐな姿勢を維持できるようになります。

その結果、カラダの軸が安定し、ボディバランスの向上転倒防止などの効果が期待できます。

 

③バランス力

安定性を維持できる筋力はもちろん、普段刺激を受けにくい筋肉がバランスによって呼び覚まされるようになります。

 

④連動性

複数の筋肉を同時に動かすことによって、動きが力強く円滑に引き出されるようになります。

一部の筋肉を使用するだけでは、疲労しやすくケガにつながる危険性が高くなります。

 

 

ヒトの関節には固有受容器が存在します。

 

その刺激に対する情報処理は脳で行われています。

 

脳と関節の情報伝達の繰り返しによって、神経回路は発達するようにできています。

 

なので、反応速度が上がり動きにムダがなくなっていきます。

 

体幹部を意識してトレーニングすると、体型だけではなく日常生活においても疲れにくいカラダが作られるようになるでしょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

loco training

同じ動作の繰り返し…要求されるのは筋持久力!

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は筋持久力について少しお話させて頂きます。

 

1度に最大限の筋力を発揮することが求められる瞬発力に対し、筋持久力は正確に同じ動作を繰り返すことが要求されます。

 

同じ筋肉が繰り返し使用されることにより、筋肉自体が疲労してパフォーマンスに影響を与えます。

 

筋持久力は、こうした課題に対して何度繰り返すことができるか…という能力です。

 

筋線維には、強く早く収縮する白筋線維(疲れやすい)と、収縮速度は遅いけれども持久力に優れた赤筋線維の2種類があります。

 

なので、筋持久力を高めるには、赤筋線維を鍛えることになります。

 

負荷を用いてトレーニングする場合、テンポよく数10回反復可能な強度で、最大筋力の30~40%で行うと効果的に筋持久力を鍛えることができます。

 

それに伴い、毛細血管も発達するので、筋肉中を流れる血流量も増加します。

 

なので、筋肉中に取り込まれる酸素量も増加し、運動継続に必要なエネルギーが、より多く生み出すことができます。

 

最大筋力が高いと、課題を楽にこなすことができます。

 

しかし、それでは白筋が主に鍛えられてしまうので、筋持久力の向上には効果を期待することは難しい、といえるでしょう。

 

軽い負荷を有効に活用して、筋持久力を高めていけば、運動時における反復動作が向上するといえるのではないでしょうか?

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

バテバテ

疲れと体臭…実は関係アリ!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は疲れと体臭の関係について少しお話させて頂きます。

 

疲労臭の原因とされるアンモニア…これは体内でタンパク質が分解されたときにできる成分です。

 

筋肉疲労の回復腸内細菌の働きによって発生したアンモニアは、肝臓で尿素に分解されて、毒素がほとんど取り除かれた状態で尿として体外へ排出されます。

 

通常であればアンモニアが体内に蓄積されることはありません。

 

しかし、疲労により肝臓の働きが弱まると、体内におけるアンモニア分解能力は低下します。

 

すると、肝臓で分解されなかった分のアンモニアは、血流といっしょに全身を循環するようになります。

 

結果的に、皮膚の毛穴から汗や皮脂に含まれることになり、疲労臭が発生します。

 

疲労臭の大きな原因は、過労と肝機能低下が主な原因です。

 

規則正しい生活睡眠時間の確保はいうまでもありませんが、歓迎会の多い季節ですので、飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

また新生活からくるストレスも大きな原因です。

 

入浴やストレッチなど、リラックスできる時間を持つようにしましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

腋臭

 

 

腕振りと歩行の意外な関係!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は腕振りと歩行の関係性について少しお話させて頂きます。

 

本来、ヒトの歩行には腕振りが自然とついてきます。

 

しかしながら、カバンなどを肩にかけて歩いたりするので、しっかり腕を振って歩くという動作は確立されていない、というのが現状です。

 

意外にも、普段の歩行動作に腕振りは行われていません。

 

歩行時に腕を振る動作が加われば、胸椎の回旋運動を引き出すことができます。

 

腕の骨は肩甲骨が土台であり、肩甲骨の土台は胸椎にあります。

 

なので、胸椎の捻りを作ることができれば、腕振りを大きくしなやかに行うことができるようになります。

 

胸椎の可動域が大きくなると腰椎への負担が軽減します。

 

腰椎は捻る動作に対して、過度に負担がかかると急性腰痛などを引き起こします。

 

脊柱の柔軟性を作り出してやることで、腰部への負担も大きく変わることでしょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

scapula bone

エネルギーの枯渇を防ぐカーボローディング…

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はカーボローディングについて少しお話させて頂きます。

 

カーボローディングは、運動時にグリコーゲンを貯蔵する目的で使われるため、グリコーゲンローディングとも呼ばれています。

 

持久系の運動をされている方には、知ってもらいたい知識であり、パフォーマンス向上につながる1つの方法です。

 

定義としては、カラダを動かすために必要なグリコーゲンを最大限に蓄積するための食事法、とされています。

 

運動中にエネルギー不足を起こさないように、グリコーゲンをできるだけ蓄積する必要があります。

 

市民マラソンなど競技参加する場合には、1週間前ほどから運動量を減らしつつ、食事における糖質の割合を70%まで高めます。

 

ただし、運動量を減らさなければ効果はない、とされています。

 

食事には米・パスタ・イモ類など、糖質の含有量が多いものを積極的に摂取しましょう。

 

ただし、ローディング期間中は普段よりも多めに糖質を摂取しているので、体重管理には注意が必要です。

 

持久系の運動中、エネルギー切れを自覚しやすい方には、実践する価値があると思います。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 日・祝受付)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

基礎代謝改善