オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: ケア

「筋膜はがし」をする際には…

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は筋膜はがしの注意点について少しお話させて頂きます。

 

基本的に筋膜はがしは以下の点に注意します。

①時間をかける

筋膜には固有感覚受容器が存在します。

なので、それが応答を受けて変化するには、約30~90秒以上の機械的刺激が必要である、とされています。

なので、長めの時間をかけてじっくりと圧をかける、というのがポイントになります。

圧がカラダに馴染むまでじっくりと行うことで、血流が促されるのを自覚できると思います。

 

②心地良い強さで行う

痛みを伴う圧のかけ方では、脳は過剰刺激と判断するので、筋および組織は収縮して刺激から守ろうとします。

また、交感神経(自律神経)が優位に働くため、痛みに対して敏感になる可能性も考えられます。

強度としては、心地良いくらいの刺激にとどめるか、痛みを感じても抵抗なく行える範囲にしておきましょう。

 

③ストレッチ(動的・静的)と組み合わせて行う

固有感覚受容器には、圧刺激に反応するパチニ小体とルフィニ終末痛みを感知する自由神経終末などが存在します。

これらは、振動刺激持続的伸張刺激に対しても反応します。

なので、ストレッチにおける動的刺激や静的刺激を与えることで、より多くの固有感覚受容器にアプローチして、リリース効果を実感できるようになります。

 

④自分に合うやり方を選ぶ

筋膜はがしには色々なツールが存在し、それぞれ長所・短所を有しています。

なので、自分に合ったツールで実施するのが適している、と思います。

 

運動の前後や風呂上りなど、カラダの緊張をほぐすツールとして試してみてはいかがでしょうか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

grid roller

 

 

チューブの特性を筋トレに活用するには…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はチューブトレーニングの特徴について少しお話させて頂きます。

 

単関節種目が豊富なチューブトレーニングは、筋肉を個別に鍛えることができる、という長所があります。

 

素材がゴムなので、伸びるほどに負荷が強くなる(漸増負荷特性)ため、効率的に鍛えたい筋肉に負荷を加えることができます。

 

これは、ゴムの張力が常に負荷として加わるため、負荷が抜ける瞬間が存在しないからです。

 

また、ダンベルやフリーウェイトでは実現できない、押す動作や引く動作においても角度が自在に使えるので、トレーニングの幅も大きくなります。

 

トレーニングチューブは低負荷ですが、高反復回数で行うため、ダイエットを主眼とするトレーニングには適しているといえるでしょう。

 

それは、筋密度を上げる(筋肉を引き締める)ためには持久筋を刺激する必要があり、高反復回数を行えるチューブトレーニングが効果的だからです。

 

高負荷がかけられない特性があるチューブ単体では、筋肥大効果はあまり期待できないでしょう。

 

しかし、フリーウェイトトレーニングなどの高負荷トレーニングの後に、チューブトレーニングで仕上げを行えば、限界まで鍛えることが可能になります。

 

ウェイトトレーニングと組み合わせて用いるのであれば、バルクアップさせるにも非常に効果的な方法の1つといえます。

 

ダンベルなどに比べると、比較的安価で手軽に行えるトレーニングなので、筋力や年齢に抵抗なく行えるのではないでしょうか。

 

自宅でも工夫次第では、バリエーションのあるトレーニングは可能です。

 

継続できる運動…これこそが健康維持に最も必要な要素である、と個人的には思っています。

 

ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

tube training

 

 

手軽にできる暑さ対策とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は手軽にできる夏バテ対策について少しお話させて頂きます。

 

●夏野菜の摂取

夏が旬の野菜は、カラダを整えるのに効果的です。

東洋医学では、カラダを冷やす食べ物・カラダを温める食べ物・温度変化を伴わない食べ物、の3つに大別されます。

基本的に、夏野菜には水分やカリウムが多く含まれており、その利尿作用によって体内にこもった熱を排出させる働きがあります。

アイスクリームやカキ氷などは、一時的にカラダを冷やす作用がありますが、同時に胃腸の働きも減退させてしまいます。

なので、夏野菜の効果とは少し異なる作用である、と理解しておきましょう。

 

●低温での入浴

風呂の温度調節をして、水風呂に近い状態で入浴すると、一気にカラダを冷やすことができます。

さらに温かい風呂との交互浴を行うと、全身の血流が促されるので、疲労回復効果も期待できます。

外気温との温度差を5℃以内に設定し、カラダを冷やし過ぎないようにしましょう。

この他にも、氷や濡れタオルなどで頚を冷やす、なども効果的な方法です。

 

カラダの中に熱がこもると、疲労がたまって体調を崩しやすくなります。

 

できることを行って、しっかり予防しておきましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

じめじめ

 

 

 

東洋医学にみる酷暑とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は東洋医学における酷暑について少しお話させて頂きます。

 

暑さからくる体調不良は暑邪が原因とされています。

 

暑邪は自然界から入ってくる「六淫」の1つです。

 

暑邪にカラダが侵されるのは、高温多湿の夏期だけです。

 

陽邪であり炎熱の性質を持つ暑邪は、熱で頭が働かない・皮膚の赤みが出る・多汗といった症状が現れます。

 

特に汗のかき過ぎには注意しましょう。

 

汗は津液(カラダのみずみずしさを保つ)の1つと考えられているので、多汗は津液と共に気を消耗するので、倦怠感や息切れなどを引き起こします。

 

また、血液も濃縮するので、にも負担がかかるようになります。

 

多汗による動悸・目まいは、心にダメージを与えるので、心不全などの重篤な症状を引き起こしかねません。

 

さらに、高温多湿な日本の夏は、暑邪と共に湿邪が侵入することも多くなります。

 

なので、湿気に弱い脾・胃の機能が低下して、食欲不振・下痢・夏やせなどの原因になります。

 

夏の暑さ対策には、心・脾・胃の養生が大切です。

 

疲れや体調不良を残さないように、日常生活や食事に気を配って、予防対策しておきましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

oriental medichine

内転筋をストレッチして得られる効果とは…?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は内転筋をストレッチする効果について少しお話させて頂きます。

 

下腹のふくらみ血行不良によるむくみ…これらの問題と内転筋には深い関わりがあるといわれています。

 

内転筋の多くは、骨盤とつながっているので、内転筋に柔軟性がないと骨盤は後ろに傾くことになります。

 

なので、背中が丸く下腹が押し出されるような体型になるので、内臓は下垂して「ぽっこり腹」になりやすくなります。

 

内転筋の走行する大腿部には、多くの大きな筋肉が存在しています。

 

なので、ストレッチすることによって、血液循環の改善はもちろん、老廃物の排出も促すため、代謝が上がりやすくなります。

 

エネルギー代謝が上がりやすくなれば、トレーニングもより効果的な結果をもたらすことにつながります。

 

ストレッチを行う際には、「自然な呼吸を維持する」ことが効果を高める1つのポイントです。

 

継続することで効果が得られるので、無理に伸ばしたりせず、痛いけれども気持ち良いくらいの強度から始めてみましょう。

 

暑い日が続くので、屋外での運動は控えがち…そんな時にはストレッチなどで運動習慣を継続させてみませんか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

doskoi

夏期はどうしてバテやすい…!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は夏バテについて少しお話させて頂きます。

 

夏はどうして疲れやすいのか…?

 

確かに暑さは要因の1つですが、夏期の運動時には心拍数が上がりやすい、ということが挙げられます。

 

心拍数が上がると、心臓に負担を加えることになるので、疲れを感じやすくなるのです。

 

さらに、発汗作用に伴って血液量に変動が起こりやすく、筋肉の収縮力も低下します。

 

そうなると、筋肉内に疲労物質が蓄積されやすくなります。

 

心拍数が上がりやすいこの時期に、無理なダイエットや筋トレを行うと、心臓への負担が大きくなって体調不良を引き起こしかねません。

 

なので、夏期の運動は通常より20~30%抑える運動量が適切である、といえるでしょう。

 

日差しが厳しくなってくるこの頃、心臓への負担を考えながら運動は行うようにして下さい。

 

また、ビタミンB・Cを積極的に摂取して、夏バテ回避に努めるようにしましょう。

 

無理をして体調を崩さないようにするのも、夏バテ対策の1つではないでしょうか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

じめじめ

休養の意味を理解して疲労回復!

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は疲労回復時における休養の取り方について少しお話させて頂きます。

 

疲労すると、集中力・思考力・気力が欠如あるいは低下してしまいます。

 

その状態を回復するのが休養です。

 

休養には積極的休養消極的休養の2つがあります。

 

前者は、軽めの有酸素運動を行って、血液循環を促して疲労物質の分解をスムーズにして回復を図ります。

 

後者は昼寝睡眠のようにカラダを全く動かしません。

 

心身の疲労を、効果的に回復させるのであれば、積極的休養が効果的である、とされています。

 

これによって、筋肉痛の発生を遅らせる関節の過使用によるケガの予防が期待できます。

 

一方、睡眠など消極的休養は、有効な疲労回復手段とされています。

 

トレーニングをやり過ぎた、あるいは睡眠不足など、疲労の形態は様々です。

 

場合に応じて休養は使い分けてみましょう。

 

効率よく動かして効率よく休養する。

 

暑さの厳しいこれからの季節、体調管理には充分に気をつけたいものですね。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

syabasana

意外と深い!? 腹筋とお通じの関係性…

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は腹筋とお通じの関係について少しお話させて頂きます。

 

腹筋は腸の動きを助けて、お通じには必要不可欠な筋肉といわれています。

 

腸は自律神経の支配を受けているので、自分の意思で動かすことはできません。

 

なので、自分の意思で動かせる筋肉といえば、腹筋になります。

 

腹筋を上手に使うことで、腸内の血流およびリンパの流れが改善されます。

 

腸内に新鮮な血液が巡ることで、お通じの改善効果が期待できるようになるからです。

 

腹筋の中でも、強化したいのが腹筋下部・腸腰筋・腹筋の深層部になります。

 

実は、これらの筋肉は、姿勢維持に必要な筋群でもあります。

 

姿勢の良さを維持している方は、無意識にこれらの筋群を使用しているため、普段から筋トレをしている状態といっていいでしょう。

 

腹筋はお通じだけではなく、見た目の美しさにも関わる部位であることが分かります。

 

姿勢を意識する、あるいは継続して行えるレベルで体幹トレーニングを行う、などは効果が期待できると思います。

 

食生活だけではなく、運動習慣を意識づけることも、カラダの健康には非常に大切なのではないでしょうか。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

乳酸菌

暑い季節にはビタミンCが必要な理由とは!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日はビタミンC摂取の必要性について少しお話させて頂きます。

 

ストレスを感じるとビタミンCは消費される。

 

すでにご存知の方も多いと思います。

 

ヒトはストレスを感じると、副腎からアドレナリンなどのホルモンを分泌してストレスに対抗します。

 

この時に必要な物質がビタミンCなのです。

 

ストレスに限らず、飲酒・喫煙を始めとして、激しい運動・紫外線・食品添加物などにもビタミンCは消費されます。

 

これらの要因は活性酸素を生成するので、細胞の老化を促すことになってしまいます。

 

ビタミンCの持つ「抗酸化作用」は、こうした活性酸素の増加を防ぎ、カラダのろうかを防いでくれます。

 

また、ビタミンCは体内で生成することができないので、食事などから摂取する意外に方法がありません。

 

暑くなると、熱帯夜で寝られないなどでお酒を飲む機会が多くなりがちです。

 

夏バテ防止などの効果も期待できるので、ビタミンCの摂取は欠かさないように意識しましょう。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

woman doctor

筋肉痛がヒドい場合は…ストレッチは控えめに!?

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は筋肉痛とストレッチの関係性について少しお話させて頂きます。

 

遅発性筋肉痛(いわゆる筋肉痛)は、筋肉の内部組織が壊れている状態で、無理に動かすと発痛物質が神経を刺激します。

 

なので、ひどい筋肉痛に対して無理なストレッチを行えば、筋組織の再生を妨げることにつながりかねません。

 

筋肉痛が生じた場合に、摂取しておきたいのは抗酸化物質です。

 

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・アスタキサンチンといった栄養素が代表的です。

 

筋肉痛を緩和させるには、その仕組みを知っておくことは非常に大切です。

 

ひどい筋肉痛が発生したなら、まずは患部のアイシングによって炎症部分を冷やし、クールダウンさせることが必要です。

 

その一方で、マッサージなどを軽めに行うなども効果的とされています。

 

サーキットトレーニングなどで全身性に運動を行い、筋肉の超回復を有効に活用するという方法もあります。

 

しかし、上述したように、筋組織の損傷が大きいのに無理にストレッチを行うと、かえって再生を妨げる結果につながります。

 

筋肉痛と向き合うには、その仕組みを調べて対応すること。

 

ケガの発生を防ぎ、楽しく長く運動を続けたいものですね。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

core training