オフィシャルブログ

ダイエットしてるのに、下腹がぽっこり…その原因は!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は下腹のぽっこりの原因について少しお話させて頂きます。

 

食事制限・ダイエット・運動…体重をコントロールして、健康なカラダやキレイなカラダ作りに努力はしていても…気になる部分が痩せにくい。

 

基本的には3つの理由がぽっこり腹に関連しているといわれています。

 

姿勢不良

姿勢が悪いと、骨盤などにもズレが生じます。

骨盤が歪んでしまうと、お腹周りに贅肉がつきやすくなり、姿勢の悪さが慢性化することで贅肉は落ちにくくなってしまいます。

最近トレーニングジムなどでも、姿勢を指導してからエクササイズする所が増えているようです。

カラダ作りの前にまずは姿勢から見直してみてもいいかもしれません。

 

腸環境

ぽっこり腹の原因といわれています。

腸内環境が悪くて、便秘がちな場合はお腹だけが痩せにくくなりがちです。

ぽっこりしている原因を「皮下脂肪では?」と考えて、食事量を減らすと…体内の水分量は便に吸収されて、ますます便秘になってしまいます。

カラダ作りの前に、まずは便秘の改善をする必要があります。

食物繊維の摂取や起床時に水を飲む乳製品を朝食に取り入れるなどして腸内環境の改善に努め便通を良くしましょう。

発酵食品・海藻類・コンニャクなど低カロリーで食物繊維の多いものが代表的です。

 

カラダの冷え

皮下脂肪は食生活や運動不足からつくことがあります。

しかしそれだけではないのです。

カラダが冷えていると、体温を維持しようとヒトは脂肪を溜め込むことがあります。

常にカラダに冷え感を持っている場合、代謝不良が考えられます。

代謝が落ちると脂肪は代謝を上げるために溜まりがちになっていきます。

冷え性が原因の場合は、カラダを温めることから始めましょう。

女性の場合、脂肪だけではなく生理痛なども酷くなるので、特にお腹周りの体温は意識しましょう。

 

下腹が気になるのは、肥満だけが原因とは限りません。

 

自分の体調管理を通じて、何が原因かをしっかりと把握し、改善に努めることが大事になってきます。

 

ダイエットなどを始める前に、姿勢・食生活・体質などの改善が意外に効果があるのかもしれません。

 

 

大阪市 旭区 大宮   まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

ぽっこり腹