オフィシャルブログ

運動を継続させるコツは内発的動機づけが大事…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院のブログをお読みくださりありがとうございます。

 

本日は運動習慣を継続させる動機づけについて少しお話させて頂きます。

 

内発的動機づけとは、目標達成を喜んだり楽しんだりすることを指します。

 

つまり、運動をしていて楽しい・面白いと思うことで、動機づけ(=やる気)を高められることです。

 

内発的動機づけは、自分自身が感じた楽しさや面白さをエネルギーにしているので、やる気が長続きするという利点があります。

 

過酷あるいはストイックなメニューを課すことは、本来才能があってもやる気を減退させたり、運動そのものが嫌いになる結果を引き起こしかねません。

 

厳しすぎる運動メニューは、ケガを誘発して運動の継続が困難になったりもします。

 

それだけではなく、心も傷つけてしまいます。

 

自分自身が楽しいと思える環境作りは、運動習慣を長続きさせるためには必要な要素である、といえるのではないでしょうか。

 

新年度を迎えケガの出やすいこの時期、指導者や先輩の意見も大切だと思いますがケガには充分に気をつけましょう。

 

時代と環境も様変わりしているので、体罰やシゴキなどは指導者の指導方法の未熟さを補うように思えて仕方ありません。

 

やってみたい運動…人それぞれだと思いますが、動機そのものが奪われることのないように取り組んで頂きたいと思います。

 

 

大阪市旭区大宮(予約優先 06-6953-0005 火・第3日曜日休院)

まつ鍼灸接骨院でした !(^^)!

 

 

 

wounded